お問い合わせは022-268-6578022-268-6578
もしくは、こちらのお問い合わせページから

ブログ

2020年8月5日

気仙沼 鹿折の家

1日(土)、気仙沼市内で住宅工事の設計監理している現場の定例打合せに行ってきました。
内部壁の左官工事・土佐和紙等の内装工事・塗装工事が終わり、漸く内部足場が撤去されてLDK の明るい吹き抜け空間が現れ、施主夫妻にも仕上がり感に喜んで頂けました。

完了検査、引き渡しも来月9月過ぎの日程が決まりました。
完成見学会も希望者限定の予約制で9/12〜13の土日人数制限させて頂き開催させて頂くことになりました。
詳しい事はまたお知らせ致します。

2020年7月30日

造形作家木住野利明氏の作品展

7月25日(土)、「一関の家」の施主である菅原様が関わって案内して頂いた奥州市前沢の古民家「康静庵」を会場に開催されている、
造形作家木住野利明氏の作品展を一緒に訪ねることが出来ました。3年前にも案内頂いて今回2度目ですが、やはり直接拝見すると迫力が違う!動物や精霊等の魂を和紙等を用いて表現した様な迫力ある人形作品120点程を堪能させて貰いました。
感謝です。!
28日迄開催してます。

2020年7月28日

金山町の古民家再訪

本日午前中から福島県金山町の古民家を再訪しました。
依頼主の車で案内頂き、金山町から宮城への移築解体工事予定の見積もり頂ける地元の棟梁さんと一緒に移築可能範囲を検討しながら見せて頂きました。
お昼をご親戚の近くの家でご馳走になりました。
この地域特有の自家製の新鮮な野菜で作られた手料理の美味しさに感激!
湧き水豊富な地域の美味しい水で頂いた珈琲も美味しかった。
又来たくなりました。

2020年7月18日

醸室曳家工事 竣工

江戸時代後期より続く酒蔵の歴史ある建物を商業施設として改修された大崎市古川の食の蔵「醸室:かむろ」、昨年より前面県道拡幅工事に抵触する3棟を、敷地内で曳家しての改修工事が漸く先月完成し引渡しを終える事が出来ました。

工事着手前に登録有形文化財としての登録申請も済ませており、歴史的な価値を損ねないよう検討・配慮を重ね、できる限り元の姿の再現に努めました。
この様な仕事に関われた事に感謝です。

2020年7月14日

森さい生医院の増築工事 竣工

東松島市野蒜ヶ丘で進めていた古民家移築再生して開業した癒しの診療所: 森さい生医院の増築工事が漸く完成しました。

震災後民家バンクに登録していた村田町の蔵座敷だった土蔵を構造体の骨組みを番付け通り解体して、ここに活用になるのに大分紆余曲折のドラマがありましたが先に完成した診療所の職員用事務所兼応接室・会議室の多目的施設として完成しましたので紹介します。

2020年5月8日

東松島市診療所増築工事

設計担当させて頂いて2年前の5月に完成した東松島市野蒜ヶ丘に古民家移築再生した診療所:森さい生医院の隣に、来客の応接兼ねた職員の会議・休憩施設の増築工事が先月から始まり、漸く一昨日夕方建て方終えました。

ストックしていた村田町に建っていた土蔵の骨組みを移築再生し番付通り組み上がった姿は小さいながら迫力ありました。

土台・柱・梁は栗材で一部欅材です。

松島湾を線路越しに見渡せる絶好の地に、病院の先生の意向で池を伴った庭園も力を入れて創っており継続中です。

庭師の方は愛媛県の松山市出身のベテランの方で、色々教わり大変勉強になりました。

2020年4月4日

4/5 石巻の家 完成見学会

昨年から設計を進めていた石巻市近郊の築80年程の民家改修再生工事が、昨年12月から着工し
漸く完成しクリーニングの段階を迎えました。道路脇に菜の花が綺麗に咲いています。
お施主様のご了解を得まして、4/5(日)10:00〜16:00まで完全予約制の見学会をさせて頂ける
ことになりましたのでご案内します。
お申し込みはササキ設計のメール: sasaki@sasakisekkei.co.jp 又はFAX:022-268-7164まで
参加者氏名、人数、見学時間、連絡先(メールアドレス又はFAXか電話)を送って頂けましたら
見学先の住所、案内図を連絡先まで送らせて頂きます。

2020年3月26日

佐沼の家

昨年1月末に出会い、築50年以上の住宅の改修再生工事を依頼され、計画変更を繰り返して
やっと昨年11月末に限られた予算内で工事の目処がついた宮城県北・佐沼の現場が完成間近
になりました。内装仕上げも薪ストーブ設置も漸く終わり、残工事残すのみです。
庭の紅梅が一際綺麗に咲いてました。様子を紹介します。

2020年3月13日

気仙沼の家

今週10日(火)、昨年から設計を進めてきた気仙沼市内での木造住宅の施工者が決定し
午前中早めに3者にて工事請負契約締結する事が出来ました。その後場所を建設場所の敷地に移して地元の神社の宮司さんに依り地鎮祭を取り行う事も出来ました。
あいにくの雨の中でしたがテントを設置して頂いたので滞り無く終えました。
漸く大屋根の木組みの家工事スタートです。

2020年3月6日

石川町の家

本日3/6日(金)、福島県石川町で進めてきた築100年程の大きな民家の現地再生の安全祈願祭が出来ました。
昨年着工予定が台風被害等から遅れてしまいましたが、煮詰めた完全2世帯同居の冬暖かく生活し易い再生プランで
漸く準備含めたスタートが始まります。様子を紹介します。