自然素材に依る人にも地域環境にも負荷の少ない住まいづくりを実践しています。

トップページ > 民家再生

民家再生

次の世代に残したい想いと共に

民家は日本人が創造した「日本の住文化」の傑作です。こうした民家が経済・社会構造あるいは生活様式の変化のなかで取りこわされ、失われつつあります。
新しいものへの評価だけでなく古くても本当に良いものを再評価する動きや地域文化を見直す動きが強まってきています。

また、地球環境の問題として、限りある資源を有効に活用する資源循環型社会、すなわち使い捨ての時代から、リサイクルの時代へと変化してきています。
こうしたなかで、日本の民家の良さを再認識し、再生を手がける人が、少しずつではありますが増えてきています。

白川郷・五筒山の合掌造りの民家集落が世界遺産に登録されたことも、この民家の問題がきわめて今日的なテーマであることを示しているといえます。

取りこわされ廃棄される運命にある民家を、一棟でも多く再生することもササキ設計は行っています。数年の間に数多くの民家が再生されてきました。

こうした実績を広く社会に公表することにより民家の保存再生をよりいっそう広めることを目的とした家作りを重要視しています。

ササキ設計では、これまで数々の民家再生を行なって参りました。

再生事例

写真をクリックすると詳細ページへ移動します。

  • 大屋根の家
  • 御宿あおしま
  • 名取の家
  • A邸
  • うなぎの東海亭
  • 花山の家
  • 白石の家
  • 加美の家
  • 福島石川の家
  • 東福田の家
  • 富沢の家
ササキ設計では古民家だけではなく、築30・40年ほどの民家再生にも力を入れております。
お気軽にご相談ください 022-268-6578
メールでのお問い合わせはこちら
シックハウス・アレルギー対策をお考えのお客様へ
よくある質問
お客様の声

「設計士さんて敷居が高い気がして…」
よくそんな風に見られがちですが、そんな事はありません。
何でもお気軽にご相談下さい。

022-268-6578 月~金 9:00~17:00
メールでのお問い合わせはこちら
民家再生
ササキ設計では板倉工法も採用しています
ページの上部へ戻る